コンプライアンス基本方針

コンプライアンス基本方針 コンプライアンス基本方針

今日、企業に対する社会的責任や公共的使命を要請する機運が高まっております。それに応えるためには、企業と社員一人一人が、法令や社会的規範を遵守して、 事業活動を行うことが重要であると認識が必要です。 また、そのような経営姿勢こそが、明るい職場と健全な取引関係を築き、仕事を通して社会の発展に貢献して いくことにもつながり、社会から高い信頼と評価を得ることができると考えております。
ここに掲げるコンプライアンス基本方針は、全ての役職員が守らなければならない基本原則です。当社の目指すところは、公正かつ適切な経営を実現し、 企業に与えられた社会的責任を果たしていくことです。 当社の事業である建設業は、公共性が高く、社会資本として永く受け継がれるべきものであり、 高品質で安全性の高いものを提供する責任は非常に重要です。
今回、ここに、当社のコンプライアンス基本方針を作成するにあたり、私たち株式会社綜合電装の役職員は、等しく誠心誠意、基本方針及び業務に関する 法令・ルールを遵守し、より一層倫理的な組織文化を構築していくことを宣言します。

株式会社 綜合電装
代表取締役社長 髙藤俊信
代表取締役専務 忠津 登

企業行動指針

  • ・企業活動のあらゆる場面で、関係法令を厳格に遵守します。
  • ・技術の研鑽を図り、高品質な社会資本及び関連サービスを提供します。
  • ・すべての人々が安心を得られるような徹底した安全対策を図ります。
  • ・社員一人ひとりを公正、公平に評価し、働き甲斐のある職場環境を実現します。
  • ・循環型社会の形成を目指し、地球環境の保全に努めます。
  • ・政治、行政等との健全かつ透明性の高い関係を構築します。
  • ・反社会的勢力を排除し、不法行為及び不当要求行為を断固拒否します。
  • ・地域社会の一員として、社会貢献活動に積極的に取り組みます。
  • ・顧客、株主等に対し、適時適切に企業情報を開示します。
  • ・本基本方針を尊重して企業活動に取り組むとともに、本基本方針に反する事態が 発生した場合には、原因究明と再発防止に努めます。